指導者紹介

代表・監督

30 有馬耕造

創立45年目を迎え、城内杭瀬ブレーブスは「継続は力なり」をモットーに今でも成長を続けております。

目標を持って何かに取り組む事の難しさ、また目標を達成したときの喜びは一生の宝物になることと思います。

野球は生涯楽しめるスポーツです皆さんの参加を心よりお待ちしております

コーチ

29 高橋

私も小学生で少年野球を経験しました。当時のチームは非常に強く、はっきり言って私は一番へたくそでしたねー(笑)
いつも僕だけ怒られてましたから(涙)
だから自信のない子や、へたくそな子の気持ちが良く判ります。
練習に行きたくなかったり・・・試合になるとドキドキしたり・・・、失敗したらどうしよう・・・数えればきりがありませんねー(笑)
でも野球が好きだったから誰にも負けたくなかったし、最後までやめず卒団した事は今でも誇りに思います。そんな貴重な経験をさせていただいた少年野球に少しでも恩返しできたらと日々頑張っております。
 現在は昔と違い少年野球も進化しています。厳しさの中にも仲間を思いやる気持ちを大切に指導しています。一昔前の厳しいだけのチーム作りではありません。
へたくそばんざい!もちろん初心者も大歓迎しまーす。

 

コーチ

28 高田清一

少年野球は子供たちを大きく成長させてくれるスポーツの一つです。また年齢的にもゴールデンエイジがピタッと当てはまる年代です。ゴールデンエイジとは、簡単に言えば、9~11歳を前後して技術やセンスが飛躍的に伸びる時期とされています。それ故、プレーする子供も、観ている保護者の方も、「この前まで出来ていなかったのに、出来るようになっている!」と実感された経験があると思います。これは子供たちにとって絶好の自信をつけるチャンスであり、「努力することで得られるものが何か」を知る大切な機会となります。
子供の可能性は無限大です。「必死のパッチ」でやれば見えてくることがあります。「継続は力なり」をモットーとする城内杭瀬ブレーブスは、みなさんの入団を心より歓迎し、頑張る子供たちを精一杯応援します。

コーチ(審判部)

奥田武夫

 

 

コーチ (審判部)

平山八十一